塗装工事業者選びのポイントを満たしているから安心して依頼できる

外壁や屋根の塗装工事業者を選ぶ場合、どのようにして選んでいますか?

林塗装では、一般的に塗装業者を選ぶべきポイントとして挙げられているポイントをしっかり満たしているので、安心して依頼することができると評判です。

その満たすことができている選ばれるポイントとは、まず費用の面です。ただ安かろう、悪かろうでは、どんなに安く外壁塗装や屋根塗装ができたとしても施工自体が良くないので、口コミ評判は悪くなってしまいます。林塗装は、一般的な塗装工事と比べるとリーズナブルな価格で実施することが可能ですが、その価格を実現させているのが、徹底的に無駄を排除したコストを削減しているからです。そのコストとは外注費の削減です。下請け業者へ発注するのではなく、自社施工で行うことで、外注費が一切不要となるため、その分の費用をカットすることに成功しています。

また、自社ですべての塗装工事を行うため、質の高い塗装工事の実現が自慢となっていますし、工事を行う際の近隣への配慮も万全です。屋根や外壁の塗装工事は、一定期間、近隣の方にもご迷惑をおかけしてしまう可能性がゼロではないので、最大限の配慮を行うことがとても大切です。

それらの配慮も行っているので安心です。また、塗装工事は工事を終えて終了ではなく、アフターフォローが充実しているかもお客様にとっては重要なことだと思います。工事すべてに責任を持ち、いつでもアフターフォローを行うことができる体制を整えているから安心して利用することができます。

このように林塗装では、お客様の立場にたった外壁塗装・屋根塗装を行っているので、安心して利用することができると思いますので、ぜひ一度お問合せください。

 

お問合せはこちらから

詳細はこちら

知ってかしこく「外壁塗装」をしませんか?塗料の耐用年数について

こんにちは!茂原市にある「林塗装」です。
私たちは、塗装のプロ集団!建築物のあらゆる箇所に対応しています。

お客様から頂くご相談のなかで、とくに
「塗料はどれぐらい持つのか?」というご質問が多く寄せられます。

結論から言いますと、種類(グレード)によって、いろいろです。
一般的には、耐久性のある塗料のほうが、需要が高いのですが
「あと5年だけもたせて、その後解体予定」といった建物には
ハイグレードの塗料は割高となってしまいますので
目的に応じた塗料を選ぶことが大切です。

塗料メーカーが公表している耐用年数は
新築時に塗装することを想定したもので
塗料のグレードによって、大きく「差」があります。

たとえば、最も単価が安い「アクリル塗料」。
その耐用年数が約5~7年であるのに対し
太陽光の光に反応して汚れを分解する「光触媒塗料」の耐用年数は15~20年。

上位グレードの塗料は、紫外線や雨水に対抗する
「耐候性」が高く、それにともなって耐用年数も長くなっているのです。

また、同じグレードの塗料であっても
外壁材との相性によって、耐用年数は前後します。

外壁材と塗料の相性が良いほど
塗料はよく吸着して耐用年数は長くなりますが
逆に、相性が悪いと、塗膜の剥がれやひび割れが生じてしまうので
信頼できる専門業者と相談しながら、選ぶことをオススメしています。

塗装に関するご相談・ご質問はお気軽に!
お問い合わせはこちらから




 

詳細はこちら

林塗装は「塗装前の養生」や「近隣への配慮」に定評があります

茂原市にある「林塗装」です!
地域密着&職人直営の、塗装のプロ集団です。

これまで数多くの塗装工事を手がけてきましたが
どんな時も私たちの原動力となっているのは「お客さまの笑顔」です。

塗装業界には、いろいろな会社が存在していますので
弊社では、コミュニケーションを大切に、信頼していただいたことに
感謝の気持ちをもって、丁寧に取り組んでおります。

外壁や屋根の塗り替えは当然、屋外で行う作業がメイン。
そこで忘れてはいけない大切なことが、「周辺環境への配慮」です。

作業車や職人は出入りしたり、機材の搬入や足場の組み立てなど
施工中はなにかと騒がしくなることがあります。

当社では、工事内容の説明を兼ねたご近所さまへの挨拶まわりをはじめ
工事完了までスムーズに進むよう、職人全員が細心の注意を払って作業に臨んでいます。
塗装の技術面以外でも「林塗装に頼んで良かった」と思っていただけることが、私たちの役目です。

また、お客様への配慮も同様に大切です。
ドアや窓、換気扇などの「塗装しない部分」に塗料がかかったり
床やお庭に塗料がたれたりしないように
ビニールシートなどで覆い、マスキングテープで留める養生も
丁寧におこなっています。

通常ですと、ドアは住宅の出入りを妨げないように
開閉可能な養生にする一方で
窓は開閉できないことも多いものです。

しかし、「塗装中のニオイが気にあるので換気したい」
などのご希望がありましたら、窓の開閉可能な養生もできますので
遠慮なくご相談ください!

千葉県全域における塗装工事のご相談は「林塗装」へ!
お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

要補修の屋根の不具合とは?その症状と目安について

こんにちは!茂原市の「林塗装」です!
どんなお住まいにも付いている「屋根」。
屋根は、雨や風、紫外線などといった外的刺激を直接受けとめ
日夜、私たちに安全をもたらしてくれています。

そのぶん、劣化の進行も早いため
屋根の耐久性をキープするのは、住まいの寿命にもかかわる大きな問題です。

ゲリラ豪雨・真夏の異常気象・台風・真冬の大雪…
そのような天候にも耐えられるよう、定期的な点検をしておきませんか?

屋根は、住まいの外側や庇、そして天井裏から、目視で観察できますが
屋根葺き材がずれていたり、ひび割れていたりしないでしょうか?

天井裏の点検は、通常の住宅ですと
押し入れの天井が薄い合板になっていますので
持ち上げると簡単にずらせるようになっています。(例外もあります)

懐中電灯を使って、見える範囲で、濡れたあとやシミ
カビなどといった「雨漏りのあと」を確認することができます。

ただし、屋根にあがることは
転落事故につながる大変危険な行為ですので絶対にやめてください。
自分であがらずに、住まいの専門家に依頼するようにしてください。

点検するタイミングとしては、次のようなときがオススメです。

・地震や台風、強風のあと
・定期的=1年に1度程度

浮き上がったり、がたついたりしていないかを目視で確認し
部分的な補修をおこなうようにしますが、屋根材は経年劣化によって
15~30年で全面的な葺き替えが必要となります。

「あちこちで雨漏りがする」ようになってしまう前に
屋根塗装で劣化を未然に防ぐことが大切です。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

内装リフォームのメリット

私たちは内装に関するリフォームの業務に従事をしております。皆さんは内装リフォームについてどのようなイメージを持っていらっしゃいますでしょうか。もしもご興味をもって内装リフォームのメリットについてご理解いただきますと、きっと内装リフォームを試してみようかと思われる方も増えるのではないかと思っています。

内装リフォームの良いところといいますのは、必要なところだけに絞って内装をよくすることができますので、大掛かりな工事をする必要がないということです。そのためにかかるコストも抑えることができますし、工期も短い時間だけで終了することができます。今では内装リフォームでも様々な選択肢がありますので、既存の雰囲気は残しつつも改善すべきところを見直して、より良い空間へと作り変えるところが魅力といえるのではないでしょうか。

千葉県茂原市の林塗装は、"人と人とのつながり"を大切にしています。個人向け法人向け問わず様々な現場で培ってきた経験をもとに、一軒一軒工夫を凝らし、最高の塗装リフォームを叶えられるように追求しています。一人でも多くのお客さまの笑顔に出会えることを、楽しみにお待ちしていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く