合成樹脂について知ろう~フッ素

家をダメージから守るのが塗装における合成樹脂の役割。

「ウレタン」「アクリル」「シリコン」と
合成樹脂の種類・グレードごとに
特徴を解説してきました。


今回は「フッ素」です。
まず、結論から申しますと、
フッ素はグレードの高い塗料です。

耐久性の高い塗料 フッ素>シリコン>ウレタン>アクリル

コストの高い塗料 フッ素>シリコン>ウレタン>アクリル


4種の塗料を耐久性で比較すると
高耐久のものほどコストも高いことがわかりますよね。

そのトップがフッ素です。
 
ほかの塗料と比べてどれくらい高コストか?
目安となる㎡単価をまとめるとこうなります。
(※あくまでも目安としてご参照ください)

アクリル  1,000~1,200円/㎡  4~7年
ウレタン  1,800~2,000円/㎡  6~10年
シリコン  2,500~3,500円/㎡  8~15年
フッ素   3,500~4,000円/㎡  15~20年

耐久年数の目安も右側にまとめました。
フッ素のコストは比較的割高です。
しかし、耐久年数をみると
他の塗料で2回施工するくらいの耐久性がありますね。
お手入れを長いあいだ気にせずに済むのは楽かもしれません。

 

さて、4回にわけて塗料のグレード別にお話してきたこのシリーズ。

一般的な塗料のことを知っていただきたくて
解説してきましたが
塗料の種類はこれだけではありません。

ほかには
・光触媒塗料
・セラミック塗料
・無機塗料
・ナノテク塗料
・断熱塗料
・遮熱塗料
・熱交換塗料
・弾性塗料

などもあります。

これらは、樹脂のグレードだけでなく
特化した機能を持っていることから
「機能性塗料」と呼ばれています。

機能性塗料についても
今後お話しできるとうれしく思います。

塗装に関するお問い合わせはこちらから

 

 

詳細はこちら

合成樹脂について知ろう~ウレタン~

外壁を保護する合成樹脂の主なものには、

・フッ素
・シリコン
・ウレタン
・アクリル

この4種類があります。


それぞれ特性が異なりますので、
種類に分けて解説するこのシリーズ。

今回はウレタンです。

屋根や外壁の塗装で、
ウレタンが使われることは多いです。

一般的には、このウレタンと、シリコンの2種類が
スタンダードな塗料として使用されているといえるでしょう。

現在では、耐久性の高いシリコンが
価格がお求めやすくなってきましたので、
シリコンのほうが若干人気高といえましょうか。


費用面の観点から、この4つの合成樹脂を並べてみると

フッ素 > シリコン > ウレタン > アクリル


また、耐久性の観点で高い順にランキングすると

フッ素 > シリコン > ウレタン > アクリル



ざっくりとした比較ですが、ランキングをみると
一見は耐久性と費用が比例しているだけに見えますね。


とはいえ、ここには表れない
ウレタンにはウレタンの良さがあります。

・樹脂が柔らかく密着性が高い(ひび割れの抑制)
・防汚性が高い
・塗料のなかでは比較的安価の部類
・ウレタン塗料の耐久性は6~10年が目安
・小さな範囲の補修に適する

硬化剤の量を調節して少なくした場合には
速乾性が高まって、
小さな範囲の部分補修に適しています。

このように、ウレタンは施工ケースも幅広く
無駄が少なくて済む塗料です。


ウレタンのデメリットもご参考にしてください。

・紫外線によって変色しやすい
・水に反応しやすい

施工場所に適した塗料を選ぶことが大切です。


塗料に関するご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。


お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

合成樹脂ついて知ろう~シリコン~

外壁を保護する合成樹脂には、「シリコン」、「フッ素」、「ウレタン」、「アクリル」があり、
それぞれに特徴があります。種類別に見ていきましょう。
今回は、シリコンを取り上げます。

住宅の外壁塗装工事では、約7割のシェアがあり、
最も人気の高い塗料がシリコン塗料です。

とくに耐久性とコストパフォーマンスの両面でバランスがよく
総合的にみて優れた塗料であるのが人気の理由といえるでしょう。

シリコン塗料の耐久性は、10~15年です。
外壁塗装だけに限らず、シーリング材やカーテンウォールの塗装、
ほかにもいろいろなところでシリコン塗料は用いられています。

耐久性の順番に塗料の種類をならべると
アクリル → ウレタン → シリコン → フッ素
の順に耐久性は高くなり、そのなかでシリコンは、フッ素の次に高い耐久性を持っています。

ほかの塗料に比べて、ひび割れを起こしやすい点があり、
残念ながらデメリットと言わざるを得ませんが、
耐久性とコストパフォーマンス以外の特徴として

・耐水性、耐熱性が長く保つ
・防汚性、高光沢で汚れにくく、美しい光沢が続くうえ、掃除やメンテナンスの手間が軽減できる
などこのように、高い品質を長くキープできるのが人気の理由です。
次の塗り替えまでの長期的なスパンで見たとき、
お得感のあるおすすめの塗料であるといえます。

詳しいお問い合わせはこちらから

詳細はこちら

合成樹脂ついて知ろう~アクリル~

 

 

外壁を保護する合成樹脂には、「シリコン」、「フッ素」、「ウレタン」、「アクリル」があり、
それぞれに特徴があります。種類別に見ていきましょう。
今回は、アクリルを取り上げます。

従来のアクリル塗料は単価が安く、低予算で施工できる塗料で、
耐久性は5~7年と低く、使われるケースが少ない塗料でした。
5年以内に解体する構造物や、室内・木製家具・新築の建売などで
施工されるケースはありますが、外壁の塗り替えではあまり採用されません。

しかし、最近では新しい技術により2種類のアクリル塗料が作られました。

ひとつが「ピュアアクリル塗料」です。
ピュアアクリル塗料は、従来のアクリル塗料のような不純物がありません。
精製されたうえで、有機ガラスを含むことで、
フッ素と同じような耐久性に優れた塗料になっています。
性能も15年以上持つとされています。

ふたつ目は、「パーフェクトトップ」というラジカル制御形の新アクリル塗料です。
ラジカルとは、劣化の原因となる物質で、それを制御することで
シリコンとフッ素の間のような耐久性を持ちます。
価格はシリコン並みなのに、15年以上とシリコンを超える耐久性があり、
注目を集めている塗料です。

詳しいお問い合わせはこちらから

 

 

詳細はこちら

1分で読める~外壁塗料の基礎知識~

外壁塗装に使う塗料には、じつにさまざまな種類があります。
それぞれのグレードや特徴、価格帯を知っておくと選びやすくなります。

フッ素、ウレタン、アクリル、など
聞いたことはあるけれど、違いが分かりにくい・・
しかも、最近では新しい塗料も出ているから余計にわかりにくい・・
といった方は、少なくないかもしれません。

塗料は、3つの成分を混ぜ合わせたものをいいます。
① 顔料
② 添加剤
③ 合成樹脂
それぞれに役割があります。

塗料に色をつけるのが「顔料」です。
つぎに、「添加剤」は、塗膜(※ペンキを塗った膜のこと)がムラなく
均一にする役割を持っています。
添加剤のおかげで滑らかな仕上がりになります。

合成樹脂の役割は重要です。
外壁を傷みにくく保護するのが合成樹脂で、
外壁の耐久年数にかかわる成分です。
合成樹脂は、いくつかの種類があり、
選ぶ合成樹脂によって、その効果に違いが出てきます。

・アクリル合成樹脂・ウレタン合成樹脂・・フッ素合成樹脂・シリコン合成樹脂

さらに、外壁を保護する成分は、合成樹脂以外にもあります。
・無機・光触媒・ラジカル制御形塗料

多く扱われているのは、シリコン合成樹脂で、約7割のシェアを占めています。
耐久性と予算面からみてバランスの良い成分という評価があります。

塗装工事に関するお問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く