一般住宅から店舗、オフィスまで広く手掛けている会社だから安心です

林塗装は、塗装工事全般を行っている会社で、これまで数多くのお客様の塗装工事を行っています。

塗装工事を行った建物は、一般住宅から店舗、オフィスまでと建物の種類や規模を問わず様々な塗装工事を広く手掛けているので、安心して利用することのできる塗装会社としておすすめです。

外壁塗装工事や屋根塗装工事と合わせて、防水工事も一緒に行うことで、建物を長く雨や風、太陽の光などから守ることができます。外的刺激から建物を守ることで、その建物は長く良い状態を維持することが可能となります。

林塗装では、建物を雨風などから守るために行う外壁塗装・屋根塗装そして防水工事を行うだけではなく、デザイン塗装にも力を入れています。

デザイン塗装とは、既存の建物をより素敵でおしゃれに見せるための塗装を施すことで、店舗やオフィスはもちろん、最近ではアパートやマンションにデザイン塗装を希望されるお客様が増えています。

デザイン塗装を行うことで、入居率が格段にアップするなどの効果を見込むことができるなどの効果を実感することができるようで、評判となっています。

この他にも、林塗装ではクロス壁や塗り壁といった内装塗装工事や、リフォーム工事なども行っているので、お住まいに関することで何かありましたら、ぜひ一度お問合せください。

お問合せはこちらから

詳細はこちら

外壁にこんな部分を見つけたらそろそろ工事を考えよう!

外壁や屋根は、8年~10年周期で塗り替えなどの工事を行っていく必要のある部分で、それに加えて定期的なメンテナンスも必須です。このように外壁や屋根は、意識的にメンテナンスや塗り替えなどの工事を行うことで、雨漏りなどから建物を守ることができたり、建物全体の劣化や破損を防ぐことが可能となります。

そうは言っても、いざ外壁や屋根の塗装工事を行うとなると、それなりの費用がかかってしまいます。その周期が8年~10年と言っても出費はキツイと感じる人も多いと思います。

そこで、8年~10年という周期で必要となる外壁や屋根塗装工事ですが、そろそろ工事を考えなくてはというおおよその目安を見つけることができると、より具体的にイメージできると思いますので、工事が必要な時期が近付いている外壁のサインについて紹介していきます。

まず、外壁全体を見渡してみてください。特に雨上がりの時に見るようにすると、水分が乾かずにずっと濡れているように見える部分はありませんか?そしてその部分をさらに見てみると、カビや藻のようなものがついていないでしょうか。

ずっと濡れている状態だったり、カビや藻など何かが付着していると感じたら、外壁の防水効果が低下している証拠です。外壁塗装工事の時期が迫っているので、準備を始めるようにしましょう。

また、外壁にひび割れが起こっている部分が出てきたら、同じく外壁塗装を行う時期が来ていますので、信頼できる塗装工事業者に相談することをおすすめします。

 

お問合せはこちらから

詳細はこちら

塗装工事業者選びのポイントを満たしているから安心して依頼できる

外壁や屋根の塗装工事業者を選ぶ場合、どのようにして選んでいますか?

林塗装では、一般的に塗装業者を選ぶべきポイントとして挙げられているポイントをしっかり満たしているので、安心して依頼することができると評判です。

その満たすことができている選ばれるポイントとは、まず費用の面です。ただ安かろう、悪かろうでは、どんなに安く外壁塗装や屋根塗装ができたとしても施工自体が良くないので、口コミ評判は悪くなってしまいます。林塗装は、一般的な塗装工事と比べるとリーズナブルな価格で実施することが可能ですが、その価格を実現させているのが、徹底的に無駄を排除したコストを削減しているからです。そのコストとは外注費の削減です。下請け業者へ発注するのではなく、自社施工で行うことで、外注費が一切不要となるため、その分の費用をカットすることに成功しています。

また、自社ですべての塗装工事を行うため、質の高い塗装工事の実現が自慢となっていますし、工事を行う際の近隣への配慮も万全です。屋根や外壁の塗装工事は、一定期間、近隣の方にもご迷惑をおかけしてしまう可能性がゼロではないので、最大限の配慮を行うことがとても大切です。

それらの配慮も行っているので安心です。また、塗装工事は工事を終えて終了ではなく、アフターフォローが充実しているかもお客様にとっては重要なことだと思います。工事すべてに責任を持ち、いつでもアフターフォローを行うことができる体制を整えているから安心して利用することができます。

このように林塗装では、お客様の立場にたった外壁塗装・屋根塗装を行っているので、安心して利用することができると思いますので、ぜひ一度お問合せください。

 

お問合せはこちらから

詳細はこちら

知ってかしこく「外壁塗装」をしませんか?塗料の耐用年数について

こんにちは!茂原市にある「林塗装」です。
私たちは、塗装のプロ集団!建築物のあらゆる箇所に対応しています。

お客様から頂くご相談のなかで、とくに
「塗料はどれぐらい持つのか?」というご質問が多く寄せられます。

結論から言いますと、種類(グレード)によって、いろいろです。
一般的には、耐久性のある塗料のほうが、需要が高いのですが
「あと5年だけもたせて、その後解体予定」といった建物には
ハイグレードの塗料は割高となってしまいますので
目的に応じた塗料を選ぶことが大切です。

塗料メーカーが公表している耐用年数は
新築時に塗装することを想定したもので
塗料のグレードによって、大きく「差」があります。

たとえば、最も単価が安い「アクリル塗料」。
その耐用年数が約5~7年であるのに対し
太陽光の光に反応して汚れを分解する「光触媒塗料」の耐用年数は15~20年。

上位グレードの塗料は、紫外線や雨水に対抗する
「耐候性」が高く、それにともなって耐用年数も長くなっているのです。

また、同じグレードの塗料であっても
外壁材との相性によって、耐用年数は前後します。

外壁材と塗料の相性が良いほど
塗料はよく吸着して耐用年数は長くなりますが
逆に、相性が悪いと、塗膜の剥がれやひび割れが生じてしまうので
信頼できる専門業者と相談しながら、選ぶことをオススメしています。

塗装に関するご相談・ご質問はお気軽に!
お問い合わせはこちらから




 

詳細はこちら

林塗装は「塗装前の養生」や「近隣への配慮」に定評があります

茂原市にある「林塗装」です!
地域密着&職人直営の、塗装のプロ集団です。

これまで数多くの塗装工事を手がけてきましたが
どんな時も私たちの原動力となっているのは「お客さまの笑顔」です。

塗装業界には、いろいろな会社が存在していますので
弊社では、コミュニケーションを大切に、信頼していただいたことに
感謝の気持ちをもって、丁寧に取り組んでおります。

外壁や屋根の塗り替えは当然、屋外で行う作業がメイン。
そこで忘れてはいけない大切なことが、「周辺環境への配慮」です。

作業車や職人は出入りしたり、機材の搬入や足場の組み立てなど
施工中はなにかと騒がしくなることがあります。

当社では、工事内容の説明を兼ねたご近所さまへの挨拶まわりをはじめ
工事完了までスムーズに進むよう、職人全員が細心の注意を払って作業に臨んでいます。
塗装の技術面以外でも「林塗装に頼んで良かった」と思っていただけることが、私たちの役目です。

また、お客様への配慮も同様に大切です。
ドアや窓、換気扇などの「塗装しない部分」に塗料がかかったり
床やお庭に塗料がたれたりしないように
ビニールシートなどで覆い、マスキングテープで留める養生も
丁寧におこなっています。

通常ですと、ドアは住宅の出入りを妨げないように
開閉可能な養生にする一方で
窓は開閉できないことも多いものです。

しかし、「塗装中のニオイが気にあるので換気したい」
などのご希望がありましたら、窓の開閉可能な養生もできますので
遠慮なくご相談ください!

千葉県全域における塗装工事のご相談は「林塗装」へ!
お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く