外壁を塗り替えなければならない2つの理由

「外壁や屋根の塗装を今すぐに塗り替え大変なことになる」
そんなことはまずありませんが、しかし、定期的には塗り替えが必要となるのは事実です。
近年では、塗料の性能も良くなり、10年~13年程度が塗り替え時期の目安と考えられています。

そもそも、どうして定期的に塗り替える必要があるのでしょうか?
外壁や屋根を定期的に塗り替える理由には、ふたつあります。

 

ひとつ目は「外観」

車も長いあいだ洗わずにいると、汚れが付着してしまうのと同じように住まいも新築から5年程度が経過すると、使用感を帯びてきます。
新築時の鮮やかな色合いは、だんだん褪せて、薄くぼやけた印象となってきます。

 

もう一つの理由は「建物の保護」

外壁を塗り替えなければならない、もう一つの理由は「建物の保護」するためです。
住まいは、屋根や外壁に限らず、手入れをしなければ確実に傷んでいきます。
そのなかでも、とくに屋根や外壁は、強い日差しや雨風、雪といった外的環境にさらされている部分ですので、その過酷な環境から住まいを守るために、再塗装が必要となるわけです。

もし、塗装に欠損部分が生じていたなら、そこから雨水が侵入し内部や構造部が腐食し弱っていくことにもなりかねません。
それを防ぐための塗り替えが重要であるということです。

 

 

茂原市を中心として、千葉県全域をエリアとする「林塗装」は外壁や屋根、内装など、住まいの塗装を全般的に行っております。

お住まいで雨漏りなど気になる箇所や心配なことがある方、屋根塗装などにお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから




詳細はこちら

シーリング材の剥がれている箇所はありませんか?

戸建ての住宅やビル、マンションなどでシーリング材の剥がれている部分はありませんか?

シーリング工事というのは防水工事の1種で、外壁ボードの間をウレタンなどのシーリング材で埋める工事のことをいいます。

このつなぎの部分にしっかりとシーリング工事が行われていると雨漏りや水染みを未然に防ぐための予防対策になります。

築年数が経って、これまでにシーリング工事を行ったことのない場合、よく見ると外壁のボードとボードの間に隙間ができていたり、ひび割れが発生していたら、一度信頼できる業者に点検を依頼することをおすすめします。

これは、ボードとボードの間のクッションになるシーリング材は、なくなってしまうと地震が起こった際にボードとボードが直接ぶつかってこすれてしまうなど、耐震性にも影響を及ぼします。

シーリング材の剥がれは、建物の傷みにつながるためできるだけ早く対処したい部分です。

 

千葉県茂原市の林塗装では、地域密着で防水工事やシーリング工事を行っております。

お住まいで雨漏りなど気になる箇所や心配なことがある方、屋根塗装などにお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

屋根塗装で建物を守ろう!

ビルやマンションの屋上では、屋上階の様子を見て劣化の様子をチェックすることができます。しかし、一般のご家庭の場合、屋根の状態を確認するには危険を伴うため、頻繁にチェックすることは難しく、業者に依頼して屋根の状況を確認することが必要です。

 

屋根は、外壁と同じく、365日雨や風、直射日光、紫外線などから建物の内部を守ってくれています。

屋根の塗装って必要なの?瓦やボードが張ってあるから塗装なんていらないのでは?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、日本の建築では屋根に瓦をのせている家屋もありますが、家の内部を守ってくれている屋根の劣化を防ぐために塗装を行うのです。

 

では劣化が進んでしまうと、外壁塗装や屋根塗装にかかる金額よりも遥かに高額な屋根の修理費用がかかってしまう可能性があることを理解しておくことをおすすめします。

 

千葉県茂原市の林塗装では、地域密着で塗装一式工事や防水工事、各種リフォーム、内装、外装工事などを行っております。

屋根塗装や工事についてご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

塗装工事は定期的に行う建物のメンテナンス

塗装工事と聞くと、新築ならば滅多にする必要のないもの、塗装が汚くなったら塗り直せばよいもの、と思われがちかもしれませんが、実は建物を保護するために大切な建物や住まいのメンテナンスだといわれます。

日々の紫外線や直射日光、雨風、雪、湿度、凍結、砂ホコリなどによって、外壁や屋根は汚れたり劣化しやすくなっていきます。

これをそのまま見て見ぬふりをしようとしていると、雨がふった後、外壁に雨水が侵入しているサインでもあるシミができていたり、更なる建物への水の侵入だけなく、その部分から劣化がより進みやすくなってしまいます。

塗装工事は、使用する塗料によっても異なりますが、3〜15年程度の耐久性があるといわれています。ただし、素材によっては価格が安いメリットはあっても、数年で剥がれてしまうものもあります。

塗装工事は、足場を組んで安全に作業を行われます。このとき、足場を組むからこそ一緒にできるおすすめの工事が屋根塗装です。

塗装工事、屋根塗装、防水工事などをご不明な点などございましたら、千葉県茂原市の林塗装にお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

アパート・マンションオーナー必見!外壁塗装のタイミング by 林塗装

林塗装は千葉県茂原市を拠点に千葉県内一円、地域密着で個人・法人を問わず、塗装工事を承っております。

手すりを取り付けたり部分的な工事で工務店などに頼みにくいことでも林塗装なら大歓迎です。
リフォームの大小や内装、外装を問わず、お気軽にご相談下さい。

また、異常気象にも耐えうる安心の屋根塗装、雨や湿気に負けない建物にする防水工事など塗装のことならなんでもお任せ下さい。

そんな林塗装が業務にまつわる豆知識を披露します。

アパート・マンションオーナー必見!外壁塗装のタイミング

アパート・マンションの外見は入居率に大きく影響します。

かといって頻繁に外壁塗装するわけにもいきませんので、そのタイミングを見逃さないことが重要です。

・塗膜の色あせ、剥がれ
色あせは単純に古めかしい見た目になりますが、剥がれは防水効果が無くなることになります。

・チョーキング
塗膜が劣化が進むと、外壁に触ると手に白い粉状のものがつくようになります。
クラックや剥がれの前兆といえます。

・クラック
小さなひび割れならあまり問題ありませんが、次第に大きなひび割れとなり、雨漏りの原因となったりします。

・カビ・コケ・藻が生える
美観、塗膜や外壁材を傷める原因となります。
カビは人体への悪影響も考えられます。

お問い合わせはこちら

詳細はこちら

メニューを開く